Home > 洗顔について > 肌荒れ・トラブルの原因とは?

スキンケア・エイジングケアは、肌に負担の少ない無添加・ノンオイルがオススメ

クレンジングの注意点!肌荒れの原因になる可能性とは?

私たちのスキンケアはクレンジングで一日の終わりにその日一日分の汚れを落とす事から始まります。


その為クレンジングをしっかり行ない、洗い流さないと毛穴にメイク汚れやクレンジングの残りがつまり、肌荒れやニキビの原因となるだけではなく、その後の化粧水や美容液などの浸透率を悪くしてしまいます。

クレンジングはスキンケアを考える上でとても大切な工程なのですが、そのクレンジングの選び方や使用方法を間違ってしまうとクレンジングそのものが肌のトラブルを引き起こす原因となってしまうおそれがあります。


毎日ちゃんとクレンジングしているのに肌トラブルが絶えないという方は、クレンジングが肌にあっていないことも考えられるので一度見直してみる必要があります。
このようにクレンジングで注意していただきたいのは自分の肌質やメイクの質にあったクレンジングを選ぶということです。

クレンジングはオイルやクリーム、ジェル、シートなどさまざまなタイプが発売されていてそれぞれ洗浄力や使用感が全然違います。
ジェルなどは使い心地がさっぱりしているのが特徴でベタつきが苦手な方にはおすすめです。その反面、オイルやクリームよりメイク落ちは劣ってしまうため、濃いメイクは落としきれないおそれがあります。


オイルやクリームはクレンジング力が高く、濃いめのメイクでも比較的きれいに落とすことができますが、そのぶん皮膚への刺激が強いのでその分肌に負担がかかってしまいます。
このようにメイクが濃いめの方はオイルやクリームがメイクをよく落とす上でオススメできますが、肌が弱い方はジェルやローションなどあまり肌に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。